プログラム

三日間限定「伊豆映画大学」開校決定!

伊豆映画祭2018は、今年も8月1日から31日までひと月開催いたします。

例年通り古民家映画館での映画祭のほか、今年閉校した土肥小学校の校舎でも開催が決定。

先行イベントとして三日間で映画を制作するワークショップ「伊豆映画大学」を開校いたします。

 

と  き   7/29日・30月・31火

       (29日昼集合、31日夜上映会まで)

場  所   旧土肥小学校(静岡県伊豆市土肥638)

内  容   教室での映画講座、各機材技術指導、班ごとで短編制作。

       東京の劇団グループシアターの実力ある若手俳優たちに

       出演して戴きます。企画から上映まで三日間濃密に行います。 

参加資格   映像作品を作ってみたい方、出演してみたい方

       年齢・性別関わらず、どなたでも参加可能です。

お申込み   応募フォームより https://goo.gl/k6CYgs 

       もしくはメール・お電話でお申込み下さい。

会  費   6,000円(三日間の受講料・機材レンタル代込)  

講  師   瀬戸慎吾(映画祭実行委員長・映画監督)

       デジタルハリウッドで講義した「超高速映画論」

       ほか映画現役スタッフによる特別指導。

 

特別協力  劇団グループシアター(出演協力) ・カイジュウ

お申込み・お問合せ メール izueigasai@hotmail.com 電話 050-5309-2477 

          (お返事に数日頂く場合がございます)

*注*

遠方よりご参加の方は、宿泊のご紹介もできます。

基本的には三日間の参加をおすすめいたしますが、お仕事などご都合によりすべての出席できなくても参加可能です。ご相談下さい。

 

ご参加お待ちしております! 


*****************


★7月31日は、映画祭 前夜祭イベントを開催!★

◯「恐怖!」小学校校舎でのお化け屋敷!

◯伊豆映画大学で制作された短編・他作品の屋外上映会 !

 

*詳細はまたお知らせいたします。

8月映画祭期間中も、続々と特別企画の進行中です!

おたのしみに!

 

*****************

 

★公募部門5月21日締切迫る!★

全国各地からご応募が集まっております。

まだご応募されてない方は、是非ご参加下さい。

「応募作品全て上映します!」

◯応募フォームのみ締切5月21日(深夜24時まで)にお申し込みいただければ、出品料振込と作品到着は、21日過ぎてもご応募が可能です。

◯上映日程は締め切り後、調整してまいりますが、公募部門の土肥劇場での上映期間は、今のところ8月1日から10日間位を検討しております。

応募要項は下記リンクから御覧下さい。

当 伊豆映画祭in土肥劇場FaceBookページ

https://www.facebook.com/toygekijou/

*下段の投稿に応募要項ございます。

公式ホームページ

https://izu-film-festival.themedia.jp/

Twitter

@izueigasai

 

ご応募お待ちしております!


2018年の映画祭プログラムは、もうしばらくお待ち下さい。

今年はさらに様々な魅力ある特別イベントを開催予定です。
夏季限定 古民家映画館「土肥劇場」以外の場所でも繰り広げられます。
告知までお楽しみにお待ち下さい。


開催済み「2017年のプログラム」

話題のあの作品や、公募による上映作品。

他、落語会やVRお化け屋敷、演劇や、ゲストを囲んだ夕べ。イベント盛り沢山。

8月1日から31日までの丸々一ヶ月に渡る映画祭は伊豆映画祭だけ。

海まで徒歩5分。世界にたったひとつの古民家劇場で、甘夏のかき氷や、夜はアルコールもご一緒に。

数々の文人の愛した伊豆。旅人岬、恋人岬、土肥金山、西伊豆など立ち寄るついでに。

古民家で鑑賞する映画は、きっと格別の思い出となるでしょう。


「 夏の記憶。あなたの伊豆物語、はじまる。 」


上映作品

伊豆映画祭 特別ホール上映イベント決定!

「この世界の片隅に」「軽やかに地平を狙え!」

と き  8月6日(日)

場 所  修善寺生きいきプラザ 伊豆市民文化ホール

    (静岡県伊豆市小立野66−1)MAP https://goo.gl/xxqAGY

チケット(当日のみ)大人990円 中学生以下500円

上映時間 ① 9:30 この世界の片隅に

     ② 12:00 この世界の片隅に

     ③ 14:30 軽やかに地平を狙え !

     ④ 17:00 この世界の片隅に

 

◯「この世界の片隅に」(128分)

ー観客動員数200万人突破。第40回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞、 第41回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門審査員賞をはじめ数々の受賞を成し遂げた名作アニメ。

原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社刊)

監督・脚本:片渕須直

音楽:コトリンゴ

声の出演 北條 すず役−のん ほか

公式サイト http://konosekai.jp/

 

◯「軽やかに地平を狙え!」(123分)

*14:30の上映前に監督、出演者による舞台挨拶がございます。

ー伊豆市土肥(とい)とカンボジアで撮影された、全編台本なしの即興で構築されたドラマ。土肥劇場での上映に加え、ホール特別上映。

原案・監督:瀬戸慎吾

撮影:高間賢治

出演:浅野千鶴 安木一之 りりィ 宍戸開 高川裕也 森恵美 謝花弘規 ほか

描き下ろし主題歌 「あなたのLegend」

         りりィ+洋士 with crew

公式FaceBookページ https://www.facebook.com/karoyaka/

 

 

注意事項 

各回の開場は上映開始時刻の20分前となります。

ホールの駐車場には限りがございます。極力、公共機関をお使い下さるか、乗り合いでのご来場などご協力お願い致します。

また当日チケットご購入の際、1000円札や500円などご用意下さい。沢山のお客様がスムーズにご入場して戴くために、大きなお釣りのない様にお願い致します。

前売り、ご予約等はできません。当日窓口のみチケットがご購入できます。予めご了承下さい。

 

問合せ 伊豆映画祭実行委員会 050-5309-2477

8月8日ー12日 公募部門 詳細プログラム


日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞 宮沢りえ / 最優秀助演女優賞 杉咲花 W受賞 (優秀賞6部門受賞)

ー銭湯「 幸(さち)の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと 出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていくー

宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー

脚本・監督:中野量太

主題歌:きのこ帝国「愛のゆくえ」

配給:クロックワークス

©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会                               *伊豆映画祭での上映日程は7月上旬に発表いたします。