2018 公募部門 5/21 締切!

応募フォーム締切り 5月21日!

NEW! 作品郵送および出品料振込は21日過ぎても可です。

*但し、今後の受領手続きの流れもあり、出来るだけ25日までには到着・振込完了のお手続きを願います。


「応募作品全て上映いたします」

*応募手続き以外、8月上旬の公募部門上映にご参加戴くのみが、条件となります。

期間中、特別講座なども予定しております。

ほかにはない映画体験ができる伊豆映画祭 公募部門です。


ご応募お待ちしております。


昨年初の試みとして開催した公募部門は大好評のうちに幕を閉じました。

5日間、短編から長編まで、ジャンルに関わらず、そしてプロ・アマ問わず31本の上映をし、映画を肴に連夜遅くまで語り合いました。

そしてこの映画祭を皮切りに、多くの映画祭に羽ばたく作品も出て参りました。

 

ひと月に渡る映画祭はここだけです。

世界にたったひとつの伊豆市土肥(とい)の古民家劇場での映画祭は、今年も真夏の8月開催いたします。

今年の公募部門も様々な趣向を凝らし、映画を通じて、人と人を結ぶ橋渡しにと願いを込めて作品募集を開始いたします。

応募要項をお読みの上、ふるってご応募下さい。

 

【 伊豆映画祭2018 公募部門 】

「応募作品、すべて上映いたします」 

*一部条件がございます。応募条件をお読み下さい。

伊豆映画祭の公募部門はコンテスト形式ではない映画祭です。 

今年はジャンルや長さを元にカテゴリー分けをし、それぞれに宣伝活動をして戴いたり、映画特別授業イベントを開催したり、上映時の作品紹介や対談もより充実した形で行う予定です。

順次告知してまいりますが、映画のみならず、他ではない様々な趣向を新たに凝らしつつ、映画を通じて人と人を結ぶ橋渡しにと願いを込めて、公募部門の作品募集を開始いたします。

応募要項をお読みの上、ふるってご応募下さい。

 

◯応募要項◯  ◆複数作でのご応募は、下段のQ&Aも御覧下さい。(NEW!)

 

【開催日程】2018年8月ひと月に渡る伊豆映画祭の開催期間中、8月上旬から下旬の一週間~を予定しておりますが、応募数により調整させて頂きます。尚、プログラムの最終決定は7月中旬を予定しております。

 

【開催場所】メイン会場は例年通り夏季限定 古民家映画館の土肥劇場(といげきじょう:静岡県伊豆市土肥)を予定しておりますが、他、新たに特別会場を選定中です。情報公開までお楽しみにお待ち下さい。

 

【応募条件・規定】長編、短編、商業映画、自主映画、アニメを問わず、ジャンル、制作年などにおける条件は一切ありません。DVD、ブルーレイ、8mmフィルム、VHSテープでの上映に対応いたします。

★作品上映時、会場にご来場戴くことが条件となります★

スタッフもしくは出演者の少なくとも応募者お一人は参加願います。お仲間をお誘いの上ご来場戴ければ、尚盛り上がります。

◆尚、複数作応募したい方は、下段のQ&Aもご確認下さい。

 

【応募方法】応募フォームにご記入送信戴き、メディアをお送り下さい。作品のメディアの到着と、出品料の振込確認がとれた時点で、応募完了となります。

●応募フォームはこちらです。 https://goo.gl/ER3RN9 

*万一、フォームにご記入出来ない方は、応募用紙を( https://goo.gl/BjfcCq ) よりダウンロードして戴き、ご記入の上、メディアと同封で下記郵送先に送付下さい。

 

 

【応募締切】2018年5月21日(月) 消印有効 

*尚、プログラム期間の総上映時間を考慮して、応募が多数の場合、先着優先で締め切る場合がございます。その際は、FaceBookページ、オフィシャルHPでお伝えいたします。予めご了承下さい。

 

【上映形態】DVD、Blu-ray、8mmフィルム、VHSビデオ 

*上映用の予備を含め、メディア二枚をお送りください。(8mmフィルム、VHSビデオは一本)

*作品タイトルと監督名をディスクに明記下さい。 

 

【郵送先】〒168-0063 東京都杉並区 和泉2郵便局留 チームハコブネ「伊豆映画祭」 瀬戸 宛て

 

【出品料】各期日に従って出品料をお振り込み下さい。

4/30までのご応募 短編3,500円 中編4,500円 長編5,500円

5/1〜5/14までのご応募 短編4,000円 中編5,000円 長編6,000円

5/15〜5/21までのご応募 短編5,000円 中編6,000円 長編7,000円

*注:短編(30分以内)・中編(31〜69分)・長編(70分以上)として

◯振込先◯

ゆうちょ銀行 名義:チームハコブネ 預金種目:普通 記号番号:10150 

口座番号:58074891

(他銀行から振込の場合)

銀行名:ゆうちょ銀行 預金種目:普通 店名:〇一八店(ゼロイチハチ) 

口座番号:5807489 

*応募フォームに加え、メディアの到着と、出品料の振込確認が取れた時点で、応募の手続きが完了となります。

 

【その他/注意事項】

・ご応募完了時、こちらよりご連絡いたします。プログラム日程(来訪日)については、その後ご相談させて頂きます。メールアドレス、お電話番号など、お間違えのない様、願います。

・映画本編における既製の音楽や映像の著作権については、各使用許諾を得て、所定の手続きを済ませた上でご応募ください。万が一、許諾が取れてないことが発覚した場合、上映中止となる場合があります。

・映画祭の広報活動において、ご応募頂いた作品の動画一部、もしくは劇中スチールを使用させて戴く場合がございます。

・ご応募頂いたメディアについては(8mmフィルムを除いて)返却は致しません。

・現地までの渡航や、現地での飲食、パーティのご参加などの費用は、各自でご負担お願い致します。参加される関係者の宿泊に関しては、無料泊のご相談ができます。

【お問い合わせ】「伊豆映画祭 イン 土肥劇場」FaceBookページ上部にボタンがあります直メッセージ、もしくは以下アドレスにメールにてお問い合わせ下さい。お返事に数日戴く場合がございます。

メールアドレス: izueigasai@hotmail.com (伊豆映画祭 実行委員会)

今後、映画以外の他のジャンルも募集はじめます。

新たな企画満載で送る伊豆映画祭。お友達にもお伝え下さい。

随時、FaceBookページ、ホームページにてお知らせしてまいります。

是非お仲間と一緒によき夏の思い出に。伊豆市映画祭でお会いいたしましょう。

 

どうぞふるってご応募の上、ご参加下さい。

お待ちしております。       

                       

                     伊豆映画祭実行委員会

 

********************

 

◯サポートスタッフ募集◯

伊豆映画祭では映画祭をお手伝い戴けるサポートスタッフを募集しております。

運営と同じように、基本ボランティアになりますが、食事・温泉付き、ほか映画鑑賞やゲストたちとの交流など、多くの特典が付きます。

昨年参加したスタッフたちも、他では得難い貴重な夏を過ごしたと話してくれます。彼ら、彼女たちは、今は映画界でのスタッフを始め、様々な分野で活躍中です。この映画祭の経験はきっと多くの糧となるでしょう。

基本的には一週間以上の期間の募集となりますが、演劇祭や短期の特別イベントなど、人数が特に必要な日程もありますので、ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

◯協賛募集◯

伊豆映画祭では協賛を募集しております。

企業様、個人の方でもご協力戴けると助かります。

詳細は随時告知してまいりますが、映画祭を通じ、企業様は映画祭広告でのロゴ表示や特別イベントでの出店、個人様はチケットプレゼントなど、様々な特典がございます。

是非お問い合わせ下さい。

 

 

お問合わせは

izueigasai@hotmail.com (伊豆映画祭 実行委員会)まで

◯ 伊豆映画祭 Q&A ◯

NEW!(UP 4/17)

戴いたご質問より、こちらでお答えします。
随時更新してまいります。


★ 公募部門 ★

1:複数の作品のご応募について

応募者お一人につき、基本的には一本が好ましいですが、「より多くの関係者で映画祭に参加したい」「他にも力作を観てもらいたい」など、複数本の作品を上映したいという方も、上映可能です。

但し上映日程も限られますので、作品数の上限を決めさせて頂きます。短編三本まで、中編二本まで、長編は一本とさせて戴きます。

中編は短編との組み合わせも可能です。

お手数ではありますが、作品ごとに応募フォームをご記入送信して戴き、作品送付および出品料のお振込みの手順でお願い致します。

出品料に関しては、短・中編作の応募二本目以上は、追加の一本ごとに2,000円の割引きがあります。

(例:4月30日までの応募の場合。/ 30分以内の短編2本で二千円割引 出品料 5,000円。3本で四千円割引 6,500円 / 中編二本で 7,000円 / 中編と短編の計二本で 6,000円)

*出品料は応募日に準じます。5月1日以降と5月15日以降は、それぞれの出品料からの割引となります。お間違いのないようお願いします。

 

2:ご自分が関わっていない作品のご応募について

応募作品のスタッフや出演者ではなく、関係者のご友人や知人の方などでも応募者として出品が可能です。

但し、監督もしくはプロデューサーなど作品の責任を持つ方と、映画祭上映について権利上問題がないか確認、そして承諾が必要です。応募の時点でその部分の確認済みといたしますので必ずご確認下さい。

応募フォームでの、映画のご担当に関しては、「監督の友人」などご自身のケースで担当者とのご関係をご記入下さい。

  

★ 映画祭について ★

1:今年の開催日程および特別イベントに関しまして

毎年8月1日から31日を映画祭の開催日程としておりますが、今年は例年にないイベントも企画しており、日程その他につきましても、詳細は決定次第、随時お知らせいたします。

メインの古民家劇場は変わらず、他スペシャルな会場も検討中です。

また例年通り、映画以外のイベントも行います。募集の告知も行う予定です。今後の更新をお待ち下さい。


2017年の公募部門

伊豆映画祭 in 土肥劇場「すべて上映いたします!」

公募部門プログラム 8月8日から12日の5日間!

全31作品!全監督ご来場!すべて無料でご覧になれます!

 

公募部門 予告編

http://yt2fb.com/in-2017-2/

 

◯8月8日(火)◯

13:00〜 「田吾作どんのいる村」 (45min)

監督:猪浦直樹 出演:加藤大輔 YUKA 池田直樹

日本の原風景に映し出す活気溢れる田吾作どんの純粋恋愛劇。


14:00〜 「ストーカー映画 てるくはのる」 (29min)

監督:じゅりあなたけし

ストーカーの女を主人公にドキュメンタリータッチの中で狂気的な描写が炸裂する。


14:45〜 「ときめき一念発起」 (9min)

監督:繁田健治 出演:井上茜、根谷果林

様々な女性と対峙するも果敢に婚活に挑む中年男性。そして運命の女性は見つかるのか。


15:10〜 「Lacuna」 (42min)

監督:松本仁志 出演:大岡和摩 佐久間啓輔 鈴木聖都

形式的な数式と相反して描かれる人間の心理。哲学と友情が複雑に絡み合う。


16:10〜 「PRAYING RUN」 (92min)

監督:京塚充広 出演:萩原海 大嶋芽衣 近藤耀司

鮮明な夜に映し出される若者たち。追うべき背中を主人公は走り探す。


18:05〜 「White Shadow 白イ陰 」(17min)

監督:木内一裕 出演:ニックオファーマン

濃密な17分に、家族の絆、原発の恐怖が刻み込まれる。


18:40〜 「校庭の轍」 (40min)

監督:大金康平 出演:鈴木達也 有吉宣人 岡田夏海

映画学校で共に過ごした仲間たち。夢溢れた頃は虚しく過ぎ、現実だけが横たわる。 

 

◯8月9日(水)◯

13:00〜 「大島夏寛」(20min)

監督:井渕俊介監督 出演:松田チャンス Mrナイス

大島を駆け巡る二人の男。大島の魅力が引き出されていく。


13:35〜 「神様に選ばれた男」(33min)

監督:大野譲 出演:柴崎良太 大坪健太

神様のお告げにより翻弄される男。一体誰が運命の人なのか。


14:25〜 「ロリさつ」(135min)

監督:増井公二 出演:菅原彩香 佐藤考哲 京乃希和

殺人の免罪符をもらってしまった心優しい女。彼女はロリこん男抹殺を思い立つ。


17:00〜 「春の光とM」(9min)

監督:伏見優作監督 出演:丸尾魁士 増田晃一 藍田あかね

脚本なしの即興劇。のどかな公園のベンチのはずが、妙に異様な空気感が漂う。


17:25〜 「女装癖の男」(28min)

監督:松嵜真一監督

出演:吉田モトキ 桜野雅陽 島永史

レイプ、痴漢、勧誘、そして女装。危険な日常の香りの先には全てがあった。


18:10〜 「ぶきっちょ」(30min)

監督:遠藤健一 出演:藤村聖子 浪花ゆうじ 宮地真緒

自由奔放な父とそれに嫌気が刺す娘。心温かな町を舞台に展開する人情コメディ。

 

◯8月10日(木)◯

13:00〜 「自主映像劇第三作」(59min) 

監督:松井ほうせい 出演:高城ようか 吉澤美都子

マイナス思考の様々な登場人物たちに真っ直ぐな思いがぶつけられていく。


14:15〜 「ラジオ」(15min)

監督:窪田優 出演:雪田将司 西貴輝 伊丽琦

ラジオから流れる怪奇音。その原因の先には大きな陰謀が隠されていた。


14:45〜 「 西東京物語」(29min)

監督:長尾雄一郎 出演:青海龍 森恵美 立脇理絵

上京した一人息子。しかし環境は厳しく、母の温かさを改めて感じていく。


15:30〜 「夢みるカフェ」(20min)

監督:高山直美 出演:仙田遥平 小川あん 田部井美穂

とあるカフェで個性豊かな登場人物たちが繰り広げるドタバタコメディ。


16:05〜 「ACTOR」(40min)

監督:土屋哲彦 出演:黒岩司 須賀貴匡 菅野莉央

冷たい現実と戦い夢を追う男。その夢は、偽物じゃない、真に迫った俳優だった。


17:00〜 「厄愛に濡れて」(92min)

監督:土屋哲彦 出演:黒岩司 須賀貴匡 菅野莉央

冷たい現実と戦い夢を追う男。その夢は、偽物じゃない、真に迫った俳優だった。

 

◯8月11日(金祝)◯

13:00〜 「あゆみちゃんと妖精たち」(34min)

監督:木場明義 出演:石井千里 小林裕之

女の為に女が立ち上がる。奇妙な妖精が彩る、男いらずの鉄拳制裁コメディ。


13:50〜 「おとめ桜」(28min)

監督:横山浩之

出演:竹中直人 高樹澪 えのきさりな

嫁ぎ時だが気が強い娘とそれを心配する父。そして思わね悲劇が二人を襲う。

14:35〜 「サクラ花〜桜花最期の特攻〜」(87min)

監督:松村克弥 出演:大和田健介 緒形直人

特攻兵器「桜花」を載せた飛行機。極限状態の人間模様が展開する。


16:25〜 「ちんかん」(29min)

植田中監督

【出演】新鮮誠 村木藤志郎 吉田彩奈

【紹介】思春期でもじもじする主人公。ある日銭湯でおじさんとあそこが入れ替わってしまう。


17:10〜 「憂鬱な花」(64min)

監督:堀井彩監督 出演:長谷川千紗 山下晃平 池田由生

女優の夢を追いクラブで働く女。男が出来、夢は惰性となり自分を見失っていく。

 

 

◯8月12日(土)◯

13:00〜 LITTLE ADVENTURE SANE (49min)

監督:神田隆 出演:小山修史 大坪真輝 佐藤惇基

ある山中に潜むマリア像。その全貌に4台のカメラが迫る。


14:05〜 SPACEBOHEMIAN (10min)

監督:白木修太 出演:藤井桂 梛木美佳

とある宇宙船の純白な内部で過ごす一人の女。やがて奇妙な食事が始まる。


14:30〜 最後の秋分(25min)

『最後の秋分』25min

監督:野田英季 出演:野田英季 浜島正法 森結花

夢半ばの男は道端で先輩に出会う。助言をもらうが、男は駆られるように走り出す。


15:10〜 17歳の音。夏のむかえ。(100min)

監督:川延幸紀 出演:佐藤麻佑 西尾紀子 中村優里

あの日あの時の儚い思い出。そんな静かな夏が丹念に描かれる。


17:10〜 おるすばんの味。(9min)

監督:武石昂大 出演:本田七海 片岡礼子

母の思い出の味。大人になり惰性の毎日だったが、あの味がまた光をくれる。


17:35〜 赤い炎の女 (20min)

監督:松本卓也 出演:高木悠衣 森恵美 津田寛治

マルチ販売に励む二人の女。信じるものを失った時、真に信頼出来る人を見つける。


18:10〜 スメルズライクアカトリセンコウ (72min)

監督:サトウコウ監督 出演:中村友祐 オクホダカ

母校に来た同級生5人。担任の霊を成仏させるべく約束を果たす。

  

★★★

公募部門の全31作品、すべて無料でご覧になれます。

各上映ごとに各作品の監督(もしくはスタッフ・キャスト)の舞台挨拶がございます。

好きなだけご覧になって、各上映の終了後、どしどし監督に話しかけて、感想を伝えてあげて下さい。

劇場で交流会も連夜行われる予定です。

12日の夜は㊙スペシャルゲストも来場予定です。


募集は締め切りました。

今年で三回目を迎える土肥劇場(といげきじょう)映画祭。

数々の文人に愛され、温泉地としても人気の高い静岡伊豆市土肥(とい)の地で、世界で唯一の夏限定 古民家映画館として2015年に開館し、映画のみならず演劇やVR体験、カレーフェス、ゲストとの交流など、20席ほどの小さい劇場でありながらも、夏一ヶ月に渡り体感できる、他にはない映画祭として開催してきました。 

本年より伊豆映画祭とタイトルをかえ、

ご期待に応え、8月1日から31日のひと月、開催いたします。

多岐に渡った全プログラムの詳細は、7月に発表いたしますが、今回は一般募集部門をつくりました。

せっかくつくった映画を眠らせたままなのはもったいない。

未だ見ぬ誰かに見せたい、感動してもらいたい。そんな願いの詰まった素敵な作品を大募集いたします。

どうぞふるってご応募下さい。

  

◯伊豆映画祭 一般公募部門 募集詳細◯ 

『 ご応募頂いた映画作品は 全て上映いたします 』

 

【開催日程】

2017年8月7日〜13日内の数日間を予定しております。

応募数により調整し、7月上旬に決定します。

   

【開催場所】

土肥劇場(といげきじょう) 静岡県伊豆市土肥206